NEWS KYOTO

西陣発、京都のいまが分かるリトルメディア。

Category: Food

spot_imgspot_img

迫力満点のパフェと落ち着きの店内「山猫軒(北区等持院北町)」 立命館大学すぐそばの喫茶店

落ち着きのある店内と迫力満点のパフェが魅力の「山猫軒(北区等持院北町,きぬかけの路)」をご紹介。山猫軒は市バス「立命館大学前」から徒歩5分の立地にある喫茶店だ。ツタがまきついたノスタルジックなたたずまいの店舗。店内は落ち着いた雰囲気で、広い空間においしそうな香りが広がる。客席数は「50」というから、ちょっとした集まりに使うのにも最適。 注文したのは立命館大学の学生向けのセットメニュー。1,000円でワッフルとコーヒーが楽しめる(こだわりの紅茶は+250円)。注文を待つ間は店内にある本棚から絵本や京都ゆかりの書籍などを読める。コーヒーやお菓子の店舗販売もある。 店舗情報 住所京都府京都市北区等持院北町39−6TEL075-462-6004定休日第2、4木曜日定休日駐車場あり(7台)

立命館大学生御用達 特大チキンの学生食堂「わからん」

立命館大学生御用達の特大チキンの学生食堂「わからん」。たった700円で迫力満点のやわらか特大チキンカツメニュー「ジャンボ」が食べられる、まさに学生の味方のお店だ。 店内に入ると大柄の店主が出迎えてくれる。壁には卓球や野球で活躍するゆかりの選手のサインや記念写真が飾られている。中には東京オリンピック選手の阿部詩・阿部一二三兄弟のサインもあった。 特大ジャンボチキンカツメニューは3つ。ソース・おろし・ソース&おろし(ハーフアンドハーフ)だ。注文をするとサービスメニューのコーラが付いてくるのも良心的。これだけのボリュームでたった700円(税込み)だから驚きだ。お味噌汁も特大で学生には大変にありがたい価格設定と量だろう。 ちなみに、名前の由来は居酒屋なのか喫茶店なのか食堂なのか「わからん」ということのようだ。店主は関西弁をしゃべる豪快な「お父さん」といった人柄で、暖かくなる雰囲気だった。 店舗情報 住所京都府京都市北区平野上八丁柳町35−2TEL075-464-7950定休日不明駐車場あり

なつかしさ満点の町中華、鞍馬口の『御旅飯店』 ガッツリボリューム満点の中華料理ならここ

昭和の色を残す懐かしさ満点の町中華『御旅飯店』を紹介する。地下鉄鞍馬口から徒歩15分ほどのお店だ。御旅飯店はボリュームたっぷりの中華料理屋で、価格帯は定食で800~1000円ほど。 店内に入ると「昔ながらの中華屋さん」。どこか懐かしさを感じさせるたたずまいで、厨房にはまさに職人といったたたずまいの店員さんが数名。注文をすると威勢の良い大きな声で注文品を伝達。瞬時に調理が開始され、数分で到着。男たちの手さばきを見ているだけでも来店の価値があると思わせる雰囲気だった。 味はガッツリ系。しっかりとした味付けと量で食欲を誘われる。もちろん味は一級品。長く愛されるお店の心意気を感じさせるものだ。 店内はまさに町中華といった模様で、L字のカウンター席が10、座敷席(テーブル)が3席ほど。 店舗情報 住所京都府京都市上京区北大路大宮下東側108TEL075-432-3065定休日水曜日駐車場無(※ただしパーキングが店舗隣にある)

【中が半熟】ベビーカステラ店「ボブのピンス焼」 淡路島のソウルフードが京都市で食べられる

淡路島のソウルフードである「ピンス焼」のショップが京都市北区に昨年末オープンした。見た目はベビーカステラのようだが生地が半熟で「中身がトロトロ」。開店時間は11:00から17:00まで(2022年2月現在)。場所は京都府京都市北区小松原北町19−3(小松原郵便局脇の小路を立命館大学側に入ったところ)で、北野白梅町駅から徒歩で15分程度。 メニューは3つの味がある。プレーン・チョコ・抹茶だ。数量は6、12、35、50個から選ぶことができる。それぞれ、300、500、1,300、1,750円だ。 注文するとその場で焼いてくれる。待ち時間は誰もいなければ5分足らずだった。立命館大学の学生が良く立ち寄っているようだ。 編集後記:抹茶はややビターな風味がし、中身の甘さとのマッチが抜群だった。 店舗情報 場所:京都府京都市北区小松原北町19−3 開店時間:11:00-17:00 メニュー:プレーン・チョコ・抹茶=6つから。

2/17 「ケーキ屋さんが作ったケーキのような食パン」衣笠に食パン工房Ferris(フェリス)がオープン

2月17日、京都きぬかけの路「まざあぐうす」にて、食パン工房Ferris(フェリス)がオープンする。12時開店予定だ。 店舗には「ケーキ屋さんが作ったケーキのような食パン」「ケーキ作りのノウハウでパンを作ってみたら、こんな食パンができました!」という看板が設置されている。 ケーキ店の作る食パン 「まざあぐうす」は、「京のふんわりクリームシフォン」や「京の抹茶ティラミスチーズケーキ」が看板メニューのケーキ店だ。全国の百貨店に出品しており、ファンも根強い。 そんなケーキ店の「食パン」。ぜひ、訪れてみてはどうだろうか。 店舗情報 京都市バス京都駅・四条烏丸から立命館大学前行きで約45分桜木町バス停下車徒歩すぐ まざあぐうすHP(https://mazaaguusu.jp/shop/)より

衣笠地区にオープン「カフェ LUANA」 店主こだわりのコーヒーがおすすめ。パンケーキも。

8月30日に衣笠地区に「CAFE LUANA」がオープンした。フードメニューは「フルーツパンケーキ」や「トースト」、「バゲットサンド」など。ドリンクメニューは店主こだわりのコーヒーやソフトドリンクだ。 店主こだわりのコーヒー  魅力は店主こだわりのコーヒーだ。今回頼んだのはブレンドコーヒー中煎り(税込み450円)だ。ほどよい酸味とフルーティーな香りがした。  コーヒーは注文を受けてから備え付けのミルで引き、店主が手作業で抽出していた。非常においしかった。  コーヒー豆は店頭で購入することができる。店主のコーヒー愛溢れるトークも魅力。コーヒーのほかにもクッキーや食パンなどが店頭で販売されていた。 お店の行き方 小松原郵便局からスタート 小松原郵便局から北上すると別の店舗の特徴的な看板が見える。そこを左に曲がる。 住所:〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町54−44
Follow us
0ファンいいね
3,518フォロワーフォロー
0購読者購読
Instagram
Most Popular